秀吉の天下統一事業で、最後のおおいくさが、小田原征伐。
総勢約20万もの大軍が、北条氏の本拠地・小田原城を囲みます。



これだけの大軍勢の遠征ですから、兵站(へいたん)がとても重要になってきます。なにせ、これだけの大軍勢ですから、食糧の確保だけでもたいへんですよね。



『腹が減っては、いくさはできぬ!』ってな感じで



とにかくこの戦場の後方にあって、前線の部隊のために、鉄砲の玉などの軍需品から、兵士たちの食糧、そして馬などの補充などの確保が
戦においては、勝敗を決するほどに重要なんですね。



当時は兵站(へいたん)という言葉はなかったとは思いますが、この
後方支援ができる能力を持ち合わせていたのが、石田三成になります。
この後方支援=兵站に問われる能力というのは、まず計算能力が問われるし、戦いの現場で何が不足し、どういう状況下で戦われるかなどの想像力も問われるし、あらゆる場面設定を思い浮かべながらも、軍勢が滞りなく現地で戦えるように持っていくのが仕事なわけです。


なので、この大役をそつなくこなす石田三成の能力は、秀吉にはなくてはならない人材であったわけです。



この細かいところまで気づくことができる三成は、その後の豊臣政権内でも、秀吉に重宝がられ、秀吉の代理として自分の意にそぐわない役もやらなければならなかったわけですが、特に秀吉の晩年の朝鮮出兵は、石田三成と武断派と言われる加藤清正らとの決定的な対立を生むことになるのですが、


秀吉本人が生きている間は、大丈夫だったのですが……。




とにかく、石田三成は裏方として今までは、実績を積み上げてきて
小田原征伐の時に、秀吉の親ごころとして、
『三成に戦闘指揮官としても、やれるんだぞ』という実績つまり
箔(はく)をつけさせるために、忍城攻めに抜擢したのですが



かえって石田三成は戦下手というレッテルを貼られる結果となってしまいます。しかし、知恵者でもある三成はこの失敗をどうしたか?



つまり自分の欠点でもある戦下手を補う人材を登用したんですね。
その人材とは、みなさんご存じの知勇兼備の鬼左近こと島清興(しまきよおき)なる人物です。


さすがに転んでもただではおきませんね。



そんな、石田三成の忍城攻めについてシェアできたらと思います。

すこし前置きが長くなりましたが
いきましょう!






スポンサーリンク



【秀吉の右腕として】


超人気脚本家が手がけ、日本を代表する豪華なキャストが物語を彩る話題満載で始まった大河ドラマ、真田丸の勢いが止まりません。



真田幸村の父、真田昌幸の時代から始まりますが、昌幸役の芝居がまず圧巻です。こんな人物であったに違いないと思ってしまう程の完成度には思わず見入ってしまいます。



後の幸村である主人公の真田源次郎信繁、曲者徳川家康、天下をついに治めた関白太政大臣、豊臣秀吉など実力派が揃い、ストーリーの面白さを一層引き立てています。



なかでも人気なのが、石田三成です。秀吉の右腕として長く確固たる地位を築いた武将である彼の性格は正に沈着冷静。プライドが高く無駄を嫌う三成は、時に冷酷とも言える判断の元行動します。




出会った当初は小国の小せがれと真田信繁のことも軽んじ、無礼な態度をとることもしばしばでした。しかし彼が時折見せる優しさや人間臭さ、熱に次第に信繁も理解を示すようになります。



【三成の忍城攻めは?】


待てど暮らせどなかなか秀吉に従う態度を見せない北条氏政。戦になるのを何とか避けるため、三成を始め家康、大谷吉継などが怒る秀吉をなだめ、北条方に何度も上洛を促します。



しかし結局氏政は従わず、豊臣秀吉は北条討伐の大号令を全国に対して発します。豊臣軍は北条氏政、息子の氏直がいる小田原城を完全に包囲。氏政たちは籠城するより他打つ手はなくなりました。



頼みの伊達政宗が秀吉に服従を誓い、いよいよ万事窮した北条家。一方北条方の関東に散らばる城を上杉、真田軍が攻め落としていきますが、忍城攻略に時間がかかり、石田三成はイライラを募らせます。


スポンサーリンク



思い通りにことが運ばないことに心を乱し、初めてと言って良い三成の弱い部分が垣間見えます。
意外に細やかな性格を見せる三成



実は今まで軍を率いて戦場で指揮をとった経験がないことを指摘され、大谷吉継などの進言により忍城を任されるに至ります。できるだけ敵にも味方にも被害を出したくない三成がとった作戦は水攻めでした。



堤防を築き、水に沈めてしまおうとした三成ですが、何度も堤防は破壊され、遅々として作戦は進みませんでした。結局北条氏政が自害した後、真田昌幸らの知略により忍城は落ちます。



小さな国衆の長である真田を軽んじていた三成でしたが、戦場における戦い方を教えて欲しいと頭を下げることになります。
忍城を攻略したのは昌幸であり、三成の作戦は失敗だったと言わざるをえません。しかしこの経験をもとに、三成がさらなる力をつけたこともまた事実です。



様々なキャストが個性を発揮し、運命が複雑に絡まることで真田丸の面白さはさらに加速していきます。今後の展開からもますます目が離せません。

【最後に!】


人生、生きているあいだには、谷あり山ありで、調子のいい時もあれば、ダメな時もあるわけですが、そんな人生のどん底にいるときに手を差し伸べてくれる人こそ誠の友人でもあり恩人でもあるわけですが、石田三成にとって島左近こと島清興は、欠かせぬ人物でした。島左近については、下記に記事をご覧になってくださいね。

真田丸のキャストに猛将・島左近が配役されるかどうか?