伊達政宗


真田信繁が戦死する
慶長20年(1615)天王寺の戦いが
あったのは、5月7日。



その前日、
道明寺(どうみょうじ)・誉田(こんだ)の戦いで、
真田信繁伊達政宗による戦闘の火蓋がきられた。




結果は、
伊達政宗10000の軍勢に対し、
真田信繁は3000




数は少ないながらも、伊達部隊を1キロ以上後退させて
互いに、決着はつきませんでした。




さすがに、互いの強さを認めたのか、
その後、大坂方の別方面の敗報が伝わると





真田信繁毛利勝永隊は、引き揚げていきます。
このとき、徳川方の水野勝成は、伊達政宗

再三にわたり、再攻撃を要請しますが




伊達政宗は、
午前中からの戦いの疲れや弾薬の不足を理由に
拒否したそうです。




この独眼竜政宗と言われた、政宗をはたして
誰が演じるのでしょうか?

今回は、伊達政宗についてシェアしたいと思います。

それでは、いきましょう!

ついに、伊達政宗役と政宗の重臣・片倉小十郎景綱役が決定しました!!
記事の最後のほうへ記載しています。
または、小見出しをクリックしてくださいますと
すぐに飛びますので、早く見たい方はクリックしてくださいね。





【最初で最後の激突!】

道明寺・誉田の戦いと言われる戦いは、
午前中が道明寺の戦い
午後は、誉田の戦いと言われています。



詳しい詳細はまずこちらの動画をご覧
ください(また戻ってきてくださいね(笑))
道明寺・誉田(こんだ)の戦いを再現したGG



午前中の戦いでは、大坂方の後藤又兵衛
単独行動で、当初は、味方の到着を待ってから
戦うはず、だったのですが、



後藤又兵衛(2800の兵)の部隊は、

水野勝成(3300)
本多忠政(5000)
松平忠明(4000)
伊達政宗(10000)



さらに後方には
松平忠輝(9000)

この大軍を一人でぶつかることになります。




又兵衛はこの少ない部隊で早朝からお昼ぐらいまで
持ちこたえましたが




さすがの後藤又兵衛も、10倍以上の敵を
ひとりで受け持つのは、無理があり



最後は側面から伊達の鉄砲隊を率いた
片倉重長(重綱から改名)によって討ち取られてしまいました。


==========================================
余話として

後藤又兵衛基次(もとつぐ)は、
もともと黒田長政(NHK大河軍師官兵衛の息子)の家来(けらい)で




その家中の武辺衆8人を『黒田八虎(くろだはっこ)
と呼んだそうですが
そのひとりが又兵衛でした。



なのでその武勇は折り紙つきで



文禄(ぶんろく)1592・慶長(けいちょう)1597の役で
朝鮮に在陣中、
全義館(チョルウイグアン)というところに
布陣していたとき
夜明け前に突然陣中が大騒ぎに。



黒田長政は、敵の朝駆けかと心配したが
実は、1頭の虎が厩(うまや)に入りこんできて、
馬をかみ殺していました。


恐ろしい虎









これを見た管和泉守(かんいずみのかみ)
虎の腰のあたりを斬ったが
虎はますます、
暴れだし和泉守に襲いかかろうとしたその時



突如、又兵衛が駆けつけて
虎の肩先から乳の下あたりまで
斬り下げたので、
なんとか和泉守は窮地を脱してとどめの一撃。



又兵衛がいなければ、どうなっていたことか。


しかし、この騒動の一部始終を高み矢倉から見ていた
黒田長政は、
『一手の大将たる身で、猛獣と立ち合いして犬死にしようというのか』
とふたりをしかり飛ばしたそうです。



それにしても、
今から400年前には、朝鮮には虎がいたんですね。



もちろん、野生の虎なので、とても恐ろしいわけで
動物園の中にいるような虎とは、
違い人間を襲うことも
あったでしょう。




家庭で飼っている猫も虎のような大きさになると
とたんに恐ろしい動物になりますね(恐)。



しかし、その凶暴な虎を一撃で
しとめる後藤又兵衛の武勇の凄さ。




実際、道明寺の戦いでは、少ない手勢で
押しては退き、退いては押す巧みさで




敵をほんろうし
敵将奥田忠次も討ち取りました。


スポンサーリンク



しかし、側面から伊達の数百挺の鉄砲が



猛然と火を噴き
又兵衛のは腰の上あたりを射抜かれて落馬。




尻持ちをしたまま、立てなくなってしまい
『口惜しいが、これまでだ』
と又兵衛は、近習の金方平右衛門に命じて
介錯(かいしゃく)させました。
享年56歳。



ちなみに、後藤又兵衛役は、
『哀川翔(あいかわしょう)』さんに決定!
かっこいい又兵衛が想像され、楽しみですね。


哀川翔さん(後藤又兵衛役)











後藤又兵衛に関してはこちらもどうぞ
真田丸のキャストでは、後藤又兵衛は誰が演じるのか?

============================

勢いに任せて
続々と徳川方は、川をわたって誉田陵方面へ進出。
大坂方の薄田兼相(すすきだかねすけ)
みずから、刀を振るって奮戦するも
あえなく戦死。



そして、ようやく遅れて
真田信繁(3000)が到着。



伊達政宗の懐刀と言われた片倉小十郎重綱(のちに重長に改名)
と鉄砲隊の打ち合いを制し



真田信繁は、伊達勢を逆に押し返し
態勢を立て直すため



一時退却。そのまま、両者にらみ合いが続き
別方面の大坂側の敗報が届いたので
豊臣側は、順次退却となります。

【娘・阿梅を託す】

そして、その晩、

信繁は、伊達政宗片倉小十郎重綱の陣に
どういうわけか、
真田の娘・阿梅(おうめ)を送り届けました。



これは、片倉小十郎重綱の戦いぶりや人柄を見込んで
娘を託したと言われております。


しかし、日中、戦闘を交えた敵側に娘を託す
なんてことがあるでしょうか?

スポンサーリンク


そこで、仙台真田家14代当主・真田徹の説によると
このとき、伊達家と真田家とのあいだに
ある密約が結ばれていたという仮説を唱えておられます。


徳川家康の首をとってくれるならば、
真田信繁の子息・子女を無事に保護するという
密約です。



伊達政宗は、まだ天下取りの夢をあきらめていなかった
ということなんでしょう。



それにしても、戦の最中にこのような密約をかわすことは
相当に難しいことなので、大坂冬の陣が講和してから
夏の陣が始まるまでのあいだに交わされて
いた可能性が高いですね。


それと、片倉家は、伊達家に仕える前、真田家と同じ信州で
諏訪大社下社の神主の家柄であったため
修験者を通じて親交があったと考えられています。



真田家は、信繁の祖父の代から修験者を味方に引き入れ
情報活動を通じて、発展してきた家柄なので
修験者=忍術をつかった
やり取りがあったとしても、なんら不思議では
ないのかなとかんじております。



結果は、あと一歩というところで
家康の首は、取れませんでした。

が、しかし、密約をかわした伊達政宗
最後まで、娘・阿梅やそのほかの
信繁の子息・大八(後に片倉四朗守信)以下三人
合計5人も信繁の子供を無事に
保護しています。


阿梅(おうめ)はその後、片倉小十郎重綱の後室として
迎えられています。


さすが、伊達者と言われるだけ
はありますね。(笑)



そして、この伊達政宗片倉重綱(重長)は、誰が演じるのか?



みなさんは、誰がふさわしいと思いますか?




去年の大河『花燃ゆ』では、
豊臣秀吉役は竹中直人さんが



再び演じられたように、NHKの大河では、イメージがつくと
結構、同じ役者さんが演じられるので



伊達政宗は、再び渡辺謙さんが演じられたら
すごいなあなんて思ってます。



そして、片倉小十郎重綱は、イケメンという噂が
あった人物なので、ディーンフジオカさん
だったら、いいなあとか。


これは、もちろん予想が当たればうれしいですが
キャストを想像するのも、楽しいので
みなさんの予想もよかったら聞かせてくださいね。


ではでは。

ちょっと、閉じるのを待ってくださいね。

【伊達政宗役と片倉小十郎景綱役が決まりました!】


伊達政宗役は、誰だろうと心待ちにしていましたが、
意外な人が……。

長谷川朝晴(はせがわともはる)さんという俳優さんに決定しました。
現在44歳。
長谷川朝晴さん


(http://blogs.yahoo.co.jp/hati3591/54640636.htmlから引用)

最近テレビでお見掛けしたのは
『特別企画 横山秀夫サスペンス 刑事の勲章』というドラマでの演技が
とても素晴らしく俳優歴20年になるそうなんですが
ご自身でも20周年記念作品として、推してらっしゃいます。

そして、その伊達政宗の軍師として名をはせた
片倉景綱役は
ヨシダ朝(あさひ)さん。
現在55歳。自分と同じく京都府のご出身なんですね。
ヨシダ朝さん


(http://www.clioneinc.com/artist/yoshida.html#から引用)

画像の印象からは、すごく目力があるお方なんですね。
ちなみに、大坂の陣で真田信繁と対戦したのは
片倉景綱の息子で片倉重長のほうなので
息子の重長は、出てくるのかちょっと心配ですね。

お二人とも俳優歴は長いので
今回の大河でも、主役の脇役として
好演技が期待できますね。

とても楽しみです。

今度こそ、ではでは。



★関連記事
 伊達政宗役に決まった長谷川朝晴さん、おめでとうございます。
祝賀記念記事としてよかったら読んでやってくださいね。

真田丸の伊達政宗役は、実力派俳優の長谷川朝晴さんに!天下統一目前となり余裕の秀吉




真田丸の伊達政宗役にがっかりと言われた原因とは?小田原の陣に参陣した伊達政宗と語らう真田信繁









真田昌幸の情報網を統括し、また良き相談相手であった出浦昌相(いでうらまさすけ)とは?
真田丸のキャストでこれまた異色の出浦昌相とは?本能寺の変によって燃え上がる炎








真田兄弟から慕われた姉・松(木村佳乃さん)はどうなる?
真田丸の松は、今後どうなるのでしょう?
琵琶湖の畔で、明智兵に追い詰められる松








この記事が楽しめたと感じたらポチッとしてくださいね。

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ