『きり』【長澤まさみ】という女性は
真田丸では、生涯のパートナーとして
真田信繁のいく先々で、
行動を共に
していくのですが、
果たして、信繁の最期の出来事である
大坂の陣まで、一緒に
行動を共にするのかどうか?


そして、信繁と無事に結ばれるのか?


かなり気になるところですが
今回は『きり』の最期が
どうなるか?について
シェアできたらと思います。


それでは、いきましょう!



スポンサーリンク



【きりの一途な思い】


真田丸を見ていると、
真田信繁(幸村)の近くに寄り添うようにいる
「きり」という女性がいます。



長澤まさみさんがふんする、幼なじみのような
女性なのですが真田信繁の側室であったこと
は間違いないものの、



名前や詳しいことがわからないので
ドラマのオリジナルということに
なっています。



「きり」という女性は、
真田昌幸につかえる高梨内記の娘で
幼いころから信繁(幸村)と交流が
あったので、



時代劇でありながら現代語で
友達同士の飾らない会話に見える微笑ましい姿が
あります。



真田丸の放送が始まって、
信繁(幸村)は黒木華さんふんする梅と
恋に落ちて梅は側室となります。



信繁が梅に思いを伝えようとするときに、
きりに梅へ櫛を渡してほしいと頼むと
口をとがらせたのですが



梅が好きな信繁は彼女の気持ちに
気が付かないのです。

スポンサーリンク



そして、「ほら、おまえの分だ」と
別の櫛を渡されうれしそうにしている姿がありました。



信繁に自分で渡すべきだと梅のところへ連れて行くところは、
心根の優しさがあらわれていました。



梅はその後、戦の中で命を落としてしまいましたが
信繁のそばには、必ずきりの姿があります。
関係も幼なじみの友達のままで
二人の掛け合いには思わず笑ってしまいます。



しかし、豊臣秀吉の朝鮮出兵を開始し、
信繁の身のまわりがあわただしくなってきました。


真田丸も大きなヤマ場を迎えようとしています。



【きりの壮絶な最後!?】


きりは、先日の放送で豊臣秀次に
そばにいてほしいといわれていましたね。



秀次の側室になってしまうのでしょうか、
それとも最期は信繁ととその時を
迎えることになるのでしょうか。



彼女は、信繁の子、於市を生んでいます。
【阿梅もきりの娘という説もありますが、私は正室の竹林院の娘の説を採用しています。】



彼女の父である高梨内記は真田昌幸が関ヶ原の戦いで負けたため、
九度山で蟄居を命じられたときも
昌幸と行動を共にしていますし、
この時は
信繁ときり【長澤まさみ】正室の竹林院【松岡茉優】隆清院【岸井ゆきの】
一緒に九度山に幽閉されています。



その後、信繁は大坂冬の陣では、
豊臣側について戦っているので
このときも彼女は行動を共にして
いると考えるのが一般的ですね。



この大坂冬の陣で最期を迎えたという説が
ありますが、実際のところは、まったく不明です。



真田丸では、最期のこのシーンを
どのように描くのでしょうか。



信繁も次の戦、大坂夏の陣で討ち死にしたと
いわれていますが正室の竹林院や隆清院は、
その後も生き延びてるとのことですから、
きりの一生は信繁に寄り添い信繁を慕い続けた一生だったのでしょう。



彼女が信繁より少し早く逝ったのは、
信繁を迎えるためだったのだと
感じずにはいられません。

【最期に!】

きりさんについての関連記事が
下記にございますので、よかったら
みてやってくださいね。


真田丸に欠かせなくなったかわいい、きりの存在感とは!?

真田丸のキャスト『きり』さんは、信繁と結ばれるのか?

真田丸の役どころで秀次に見染められた『きり』はどうなる?

真田丸のキャスト『きり』(長澤まさみ)の存在について

真田丸のキャスト・長澤まさみさんのセリフ回しについて

きりの父・高梨内記については
こちら


真田丸のキャストで、きりの父・高梨内記こそ日本一の忠臣