いよいよ、真田丸のストーリーも
後半戦に入って、見どころ満載のストーリーが展開
されると思いますが、



信繁の人生の中で
もっとも大事件というのは
大坂の陣なのですが、この部分を描く前に
次に大事な事件とは、天下分け目と言われた戦い
そう、『関ヶ原の戦い』です。



この戦いは、戦国時代の日本を
真っ二つに陣営を分けた、総力戦だったわけですが
この関ケ原の戦いのプロデューサー的役割を果たしたのが
石田三成になるわけです。



しかし、東軍の総大将は、みなさん
よくご存じの徳川家康に対し、


西軍の総大将は、毛利輝元となっています。



本来であれば、この戦いのプロデューサーでも
ある、石田三成が総大将として
全面に立ちたいところなのですが



三成が総大将になってしまうと
三成嫌いの武将が
全て、敵の東軍側に移ってしまうので
あえて、総大将には、ならずに
副将各に甘んじるということに
なります。



これは、石田三成の盟友でもある
大谷吉継が、
『そちの人徳のなさが、あらぬ敵を新たに作らないために、
全面に立つべきではない』という
吉継のアドバイスだったとか。



そして、いざ合戦が
始まってみると
もともと、戦闘に関しては、
不得手であった石田三成軍が
敵対した、黒田長政軍と互角どころか
午前中の戦いでは、優勢に戦いを進めていました。



そんな戦いが
できたのも、石田三成の陣営には
戦国きっての猛将と言われた
『鬼左近』こと、島 清興(しま きよおき)
がいたからでした。



詳しくはこちらの記事で
解説しているので、見ていただきたいのですが



真田丸のキャストで、石田三成こそ義の心を持った男




この通称・左近と呼ばれる人物は
まさに、下克上の世を代表するような
人生を歩んできた人物で



目的のためなら手段を問わず
あるじの三成に対して
徳川家康の暗殺を提案もしています。



しかし、三成は
徹頭徹尾、理屈によって動く男なので
なかなか左近の提案を拒否。



もし、左近の策を素直に実施していれば
時代は大きく様相を変えたかも
しれません。



そんな、島左近こと
島 清興(しま きよおき)について
シェアできたらと思います。

それでは、いきましょう!

【続報!!】
ついに、決まりました! 下克上を代表する鬼左近こと島 清興が配役されました。
さて、誰でしょうか?
詳しくは小見出しの『島左近の配役が決定!』をクリックしてくださいね。
↓下記に小見出しがあります




スポンサーリンク



【石田三成の弱点を補う人物】


真田丸のキャストに猛将島左近が配役されるかどうかも
今後の一つの見どころでもありそうです。



この島左近というのは、石田三成が所領の半分を持って
召し抱えたともいわれている人物です。



三成に過ぎたるもの二つあり、島の左近に佐和山の城
ともいわれてるぐらいのもので、



知将といわれている三成に欠けている
武の部分も担当していたとも考えられる武将です。



知名度でも抜群だったので、
そういった意味でも彼を配下に抱えたことで
三成のはくというものも上がったでしょう。



武勇を兼ね備えた武人で関ヶ原の戦いでは
三成を支えて奮闘したと伝えられています。



関ヶ原の戦い以前から家康を討ち取るために、
さまざまな策を三成に献言しており、



それらの中で一つでも三成が採用していたら
歴史は変わっていたかもしれません。



左近は謀略も混みで策を考えられる将だったのですが、
三成は潔癖ともいえるぐらいに
正攻法にこだわるところがあったようです。



だからこそ左近を配下とした三成ではあるのですが、
それをうまく使えたかどうかは疑問符が残るところかもしません。


【真田丸での島左近の登場があるかどうか?】


真田丸では、
この左近が登場するかどうかはわかりませんが、
もし登場すればキャストも気になるところではあります。



通説では体格も人並み外れて大きくて、
膂力も人並み外れていたといわれています。

スポンサーリンク



それでいて知力もあるというわけですから、
これはなかなか面白い人物となりそうです。



三成とはかなり正反対のキャラともなるでしょうから、
キャラ的に目立ちますし使える存在となるとも考えられます。



ただ、真田信繁との直接的な関わり
ということになると少ないかもしれません。



どちらかというと三成の下で謀(はかりごと)を巡らす
軍師的な存在として出てくることになるのかもしれません。



戦場ではその強さをいかんなく
発揮するという役も出来るので、



このキャラを使えば、
今の真田丸をより魅力的にしていくことも出来そうです。



ただ、今の真田丸はかなり各武将の
イメージというものが崩されています。



気弱な上杉景勝に家臣に気を使う徳川家康
といったように、かなり通説とされているものから
イメージを変えてきているというところかありますから、



この島左近についても登場しても
キャラを通説とはかなり変えてくる可能性も大きくあります。
知勇兼備といったような武将では
なくなっている可能性もあるかもしれません。



こうした別の意味で期待を裏切ってくれる
真田丸というのも面白いところです。



そうなるとキャスティングもまた変わってくるでしょう

【島左近の配役が決定!】


石田三成に過ぎたるものが二つあり、島の左近に佐和山の城とうたわれた
一つでもある、島左近がついに決定しました!!

ジャジャーン!発表します。
島左近役は、玉置(たまき)孝匡(たかまさ)さんに決まりました。

島左近役の玉置孝匡さん











玉置さんは、大阪出身の俳優さんで、現在44歳。
主に、舞台で活躍されておられます。
2004年に『劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」所属』

近年は、テレビドラマ等にも出演されて活躍。

う~ん、ごめんなさい。正直私は、初めてお名前をお聞きしたので
あまり、詳しいことは、わかりませんが、ブログによると
昨年の4月に、ヘアメイクのお仕事をしている
永野清香さんとご結婚されたそうで、まだ新婚ホヤホヤですね。

真田丸出演おめでとうございます。どんな島左近を演じてくださるのか、今から本当に楽しみですね(笑)
それにしても、真田丸出演者の方で新婚さんが多いのは不思議ですね。
山本耕史さんしかり、他にもいらっしゃるので、みなさんも
新婚パワーをあやかるためにも、真田丸見てくださいね。
それでは。

【最期に!】

下記の記事も
ご覧になると、真田丸の今後の
視聴にも役立つので、ぜひご覧になってくださいね。


真田丸のキャストで、石田三成こそ義の心を持った男

真田丸のキャストの中で1・2を争う高潔な武将こそ大谷吉継