真田丸の主人公・真田信繁が大活躍した大坂の陣。
その大坂の陣というのは、江戸幕府を創設した
徳川家康・秀忠親子対豊臣秀頼という構図なのですが



幕府側は、もちろん徳川家康が中心になって
この戦(いくさ)を戦うわけですが



一方、大坂方はと言えば、秀頼がと言いたいところですが
実質的に力を握っていたのが、秀頼の母、淀殿(茶々)でした。



その、淀殿の信頼を得て
戦いを指揮したのが、大野治長(おおのはるなが)【今井朋彦さん】になります。


この大野治長と淀殿の関係は、乳兄弟(ちきょうだい)になります。



乳兄弟とは、互いに血のつながりは、ないのですが
同じ女性の乳で育てられた関係から
実際の兄弟のように結束力を持ちます。



当時、存在した乳母(うば)の制度とともに
とても、大事な制度でした。

赤ちゃんをくすぐる母親










例えば、人気戦国武将・伊達政宗の乳母は、
『喜多(きた)』という女性で、この女性は文武両道に通じ
兵書を好み実際に実践するような女性でした。



なので、伊達輝宗(政宗の父)は、
この文武に通じた優秀な女性・『喜多』を乳母に任命し
その後の、政宗の人格形成にとても影響を与えています。



そして、乳母役を命じられた『喜多』の弟こそ
のちに政宗の軍師として活躍する片倉景綱(かたくらかげつな)になります。



つまり、何が言いたいかと言えば
乳母役の人事が、その後の人物の性格や人脈、さらに勢力関係にまで
影響するということです。



淀殿(竹内結子)の乳母・大蔵卿局(峯村リエ)の息子、大野治長
武家のならいとして、主従関係があるわけですが
信頼関係として
たいへん連帯感があるので、とても重要な人物となります。



今回は、大坂方にとって、とても重要な人物であった
大野治長についてシェアできたらと思います。

それでは、いきましょう!



スポンサーリンク



【淀殿(茶々)の乳兄弟】


「真田丸」はその名の通り、戦国時代最後の名将ともいわれた真田信繁(幸村)が中心となった物語です。


その真田丸のキャストとして注目したいのが太閤・秀吉の側室で秀吉の息子をただ一人生んだとされる淀殿の乳兄弟(ちきょうだい)である大野治長の存在です。



大野治長の母である大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)は茶々の乳母であったため、幼い頃からこの2人は仲良く育ってきました。秀吉の側室となった時にもこの大蔵卿局は付き添っており、そのそばには大野治長の姿もありました。茶々が側室となった翌年の1589年に治長はいきなり1万石の大名に取り立てられています。それまで特に実績がなかった治長が実力でその地位を築いたとは考えにくく淀殿からの口添えがあったのではないかといわれています。


また治長は鶴松や秀頼の父親ではないのかという噂がまことしやかに語られています。



ではキャストの中でなぜ治長が豊臣家の運命を握ったといわれているのか、それはこの淀殿との関係も関わってくるのです。


淀殿は乳兄弟である治長の意見を非常に重要視していたので、重要な役職に抜擢(大坂の陣を実質的に指示)していました。


【大坂城内では大野治長がリーダー】


つまり彼は大阪城内では非常に権力のある人物だといっても過言ではありません。しかし治長は戦経験なども少なく、豊臣家を滅亡へと導いてしまった原因の一つは彼がリーダーのような立場で様々な指揮をとっていたからだともいわれています。


彼がとった籠城戦は明らかに失敗でした。



しかし敵である家康からはそんな治長も高く評価されていたといわれています。


それは武勇には優れていないけれども淀殿や秀頼に対する忠義がすばらしいという点でした。



最後の最後になって治長は秀頼親子の助命を家康に申し出ます。

スポンサーリンク



自分が切腹するので、秀頼と淀殿の命は助けてほしいというものです。
しかし残念ながらその願いは届かず、治長は秀頼と共に大坂城の山里曲輪で切腹しました。



秀頼たちが自害した後、淀殿も乳母である大蔵卿局も自害をして果てることとなります。
もし戦が開始された時に籠城戦ではない別の方法をとっていれば、秀頼達は生き延び、また戦の勝敗も変わっていたのではないかということが今でも言われています。
しかし武勇には優れずとも彼の忠義心だけはずっと高い評価を受けているのです。



「真田丸」の中では大坂の陣で活躍する主力のキャストのうちの一人となっています。
治長がその時にどのように活躍するのかということをこれらの歴史の背景も想像しながら見てみるのも面白いのではないでしょうか。

【最後に!】


命が燃え尽きる、最後の最期まで、淀殿や秀頼を助けようとした大野治長。
そんな、淀殿【茶々】に関してはこちらの記事から見てくださいね。


真田丸のキャストで豊臣家の鍵を握る茶々を演じる竹内結子

真田丸の茶々は、信繁と運命的な最後をたどることに

真田丸の茶々のお気に入りになると怖い~末路が!