真田丸が順調にスタートが始まって、
はや、ひと月半。
みなさん、楽しんでご覧になってますか~。





やかましい!おまえに言われなくても、見てるわい。
失礼しましたm(__)m






さて、小芝居は、さておき
仕えていた武田家が滅び






そして、次に仕えた織田家の当主・織田信長
本能寺で自害と、
これから、真田家がどのようにして
この戦国の荒波を乗り越えていくのか、
楽しみですね。






さて、今回は、すこし、
先の登場になる、豊臣秀頼について
シェアできたらと思います。

それでは、いきましょう!

と、その前に続報です!!
豊臣秀頼の子役のキャストが決定しました。
下記の【秀頼の子役決定!】をクリックしてくださいね。



【高視聴率ドラマ家政婦のミタで阿須田翔 役を演じる】

今回のキャストでは、豊臣秀頼役は、
中川大志さんに決定。







中川大志さんは、去年は飛躍の年で
「監獄学園-プリズンスクール-」
「南くんの恋人?my little lover」
2本のドラマ







そして
『青鬼 ver2.0』
『通学シリーズ 通学途中』

という2本の映画で主演を務めるなど
大活躍されておられます。








そして、過去には
あの高視聴率を記録した
『家政婦のミタ』に出演されているんですね。







『家政婦のミタ』が放映されたのが、
2011年10月から12月なので
今から、5年前ということで、
かなりキャリアを積まれておられる
わけですが、







中川大志さんは、まだ17才
小学校の5年生の時に、今の事務所に所属され
現在に至っておられるので、
キャリア的には、6年ですか。







今回の真田丸での演技が
とても楽しみですよね。

スポンサーリンク


常に前向きな好青年で
つい最近の劇場版アニメ
『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』(2015年12月23日公開)
では声優に初挑戦し、
活躍の幅をどんどん広げておられます。







俳優としての仕事が大好きだそうで、
今まで一度も辞めたいと
思ったことは、ないそうです。








見た目の印象もとても、
誠実でまっさらなイメージがありますが
まさに、見たまんまの人となりで、








これからもさらに
飛躍されると思いますが、








大河ドラマは、
過去に2作品(江~姫たちの戦国と平清盛)出ておられて
今回は、3回目ということで、
ますます、期待が高まります。







最新のニュースでは、
中川大志さんが、
出演されておられる資生堂「シーブリーズ」
のCMで、







後輩の広瀬すずさんから、憧れの先輩という役で
好演されていますが、






そのCMの新しいバージョンが
3月下旬より公開されるそうです。

一足先に、見たい方はこちら
中川大志さんのCM動画

【秀頼の実像とは!?】

さて、
そんな好青年の中川大志さん演じる、
豊臣秀頼とは
どのような人物なのでしょう。







今までは、天下人、
豊臣秀吉の跡継ぎということで
すごく、甘やかされて育って









母親の淀殿
付きっきりのマザコンみたいなイメージだと
思うのですが、









実は、天下人の後継者にふさわしい
人格と器量を持ち合わせた
人物だった可能性が!








天下の趨勢は、
すでに徳川家康に移っていたのですが
秀吉から、『くれぐれもよろしく』と頼まれた手前、








家康も、
すぐに豊臣家を滅ぼす考えは、なかったと思われます。








事実、二代将軍の徳川秀忠の娘、千姫
秀頼と結婚させています。




千姫を生んだのは、秀忠の正室・江(ごう)です。








江(ごう)は、
2011年の大河ドラマ・江~姫たちの戦国~(主演・上野樹里)があったので
ご存じのかたもいるかもしれませんが、








あの織田信長の妹で、
戦国一の美女とうたわれたお市の方(おいちのかた)
近江の戦国大名・浅井長政との間に生まれた
三姉妹の末っ子になります。








ちなみに、長女が茶々(ちゃちゃ)
そして、次女が初(はつ)
三女が江(ごう)








ですから、秀頼の母が、
淀の方=茶々なので
そう、従姉弟(いとこ)同士の結婚ですね。








ただ、千姫が嫁いだのが
慶長8年(1603年)、千姫7歳の時で








お相手の秀頼は、11歳とまだまだ、
子供同士なので
ちょっと、いまの時代だったら、考えられないくらい
早いですね。









従姉弟どうしということもあり、
二人の仲は、かなり良かったそうです。

スポンサーリンク


そして、慶長16年(1611年)3月
京都二条城にて、
久しぶりに正室:千姫の祖父に挨拶(あいさつ)をするという
名目で、


徳川家康豊臣秀頼の会見が実現しました。






ときに、秀頼19歳
かたや、家康69歳







この会見にさいしては、
豊臣家に忠誠心が熱い加藤清正・浅野幸長
秀頼の護衛に回っていたので、







家康もさすがに
何もできなかったと思われます。







しかし、家康がこの会見で、
秀頼がもつオーラといいますか
天下人にふさわしい威厳に、
危機感をいだいたと言われています。








老い先、短い家康が、
この若者をこのままにしておけば、








徳川政権に反感をもつ、
輩(やから)に担がれて、







いずれ
大きな危機が訪れると考えても、
なんら、不思議なことでは
ないでしょう。







とにかく、非凡な才能が、
花開くまえに刈り取ってしまおう
家康が、最晩年に







豊臣家を滅ぼす覚悟を決断したことは
間違いないでしょう。








そして、1615年あの大坂の陣が起こるのですが
これが、家康の思いもつかない、








想定外が発生し
危うく、命を落としかけるとは、
露とも考えていなかった
はずです。








その、天敵こそ、戦国一のつわものと言われた
真田信繁。





真田丸の主人公、その人であります。







はたして、
真田丸の最後は、どのような最後を迎えるのか
みなさん、楽しみにしながら、待ちましょう!

ではでは。

【秀頼の子役決定!】


中川大志さん演じる豊臣秀頼の子役時代を演じるキャストが急遽決定!

決まったのは、石田 星空(いしだ せら)君に決定。とても可愛らしい子役さんですね。
株式会社 ジョビィキッズに所属されている子役俳優さんで、同社には、たくさんの子役さんが所属されているのですね。
大河ドラマ『八重の桜』(2013)で八重の子役をされた鈴木梨央(すずきりお)さんを始め、いったい何人いるのか、わかりませんが、すごい会社ですね。

亡くなる直前に秀吉を見舞う幼い秀頼








話は変わりますが、こんなかわいい秀頼を残して、亡くなる秀吉が本当に不憫(ふびん)でなりません(悲)
せめて、秀吉があと10年、いや15年ぐらい長生きしていれば、日本の歴史もまた変わったものになっていたでしょうね。


【最後に!】


幼い秀頼を守るために、最後まで奮闘した淀殿についてはこちら

真田丸の茶々のお気に入りになると怖い~末路が!

真田丸の茶々は、信繁と運命的な最後をたどることに

真田丸のキャストで豊臣家の鍵を握る茶々を演じる竹内結子