秀吉が最晩年に愛した茶々【竹内結子】という女性。
この女性は、天下人・秀吉の子を
産んだことによって
豊臣家中の実権を握ることになるのですが。




そんな茶々という女性の
数奇な運命と関わったのが
真田信繁。




実際の史実でも
もちろん、接点があっただろうし
茶々と信繁が、あのように
話す機会があったのか
も知れませんね。



今回は
茶々について
シェアできたらと思います。

それでは、いきましょう!



スポンサーリンク


【太閤秀吉亡き後、豊臣家を滅亡させた女性】


大河ドラマ『真田丸』で茶々役を演じているのは竹内結子さん。
過去の大河ドラマはもちろん、様々なドラマや映画で
たくさんの女優さんがこの大役を務めていますね。



のちに淀君と呼ばれ、太閤秀吉亡き後の豊臣家を滅亡に
導くことになったキーパーソンですが、
三谷幸喜先生がえがく茶々は、
これまでとはひと味もふた味も違っていそうで、
今後のドラマがますます楽しみです!



 絶世の美女と伝えられる織田信長の妹、
お市の方の長女ということもあり、
美しい茶々に秀吉がメロメロだったのは有名なお話ですね。




ちなみに、お市の方にはほかにもふたりの娘があります。
次女の初はのちに京極高次の妻となり、
徳川と豊臣の間を使者として何度も行き来しました。




また、三女の江はのちに二代将軍となる徳川秀忠の妻になり、
三代将軍となる徳川家光や豊臣秀頼の妻となる千姫を産んでいます。




こうしてみると、この三姉妹のとてつもない
スケールの大きさにあらためてビックリ! 

三人三様にドラマチックな生涯を送りました。





【茶々のお気に入りなると……。】


 さて、秀吉の側室となり、天下人の寵愛を一身に集めた茶々


『真田丸』では、天真爛漫でワガママなキャラとなっていますが、
若くて好みの顔だちの美男を見つけると真っ向からアプローチ。



しかし、茶々のお気に入りになると、怖い末路が待っているのです!

 


ドラマ中で最初にお気に入り認定されていたのは
秀吉の馬廻衆を務める立花権三でした。




主人公真田信繁は欠員が出たための補充で
馬廻衆として着任するのですが……。

スポンサーリンク



上司から馬廻衆の役目の説明を受けたあと、
その欠員とは前任者の時ならぬ死によるものだと判明! 



その前任者こそが、茶々のお気に入りだった立花権三だったのです。



上司は、秀吉が権三に嫉妬し、
腹心の家臣である加藤虎之助(清正)に命じて殺させたのだと説明します。
 


ここで、信繁は思い出します。
初めて茶々にお目見えした時、ほほを両手ではさまれてマジマジと見つめられ、
「わりと好きな顔♪」と言われたことを。


鉢合わせになった茶々(竹内結子)






怖いですね~! もちろん、信繁はできるかぎり距離を置こうとしますが、
それからもことあるごとに声をかけられたり呼び出されたり、
最悪なのはそれを秀吉の目の前でもかまわずにやられることです。



堺雅人さん演じる信繁のおびえた顔がまたチャーミングで、
お気に入り認定されるのも無理ないとは思いますが。

 


信繁は危機回避のため、それまで冷たくあしらっていた
きりを自分の思い人だと断言して利用しようとしますが、
今後もどんな波乱が待ち受けているのか、
目が離せない展開ですね。

【最後に!】


下記の記事も茶々に関する記事なので
見逃さないでくださいね(笑)


真田丸のキャストで豊臣家の鍵を握る茶々を演じる竹内結子

真田丸の茶々は、信繁と運命的な最後をたどることに





この記事が楽しめたと感じたらポチッとしてくださいね。

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ