真田丸ご覧になってますか!




秀吉家康、そして直江兼続伊達政宗
戦国オールスターズの状況に
目が離せない状況になっていますが
着々と信繁の最後の舞台
大坂の陣に近づいていますね。




小田原征伐の主役・北条氏政役の
高島政伸さんの演技が素晴らしかった
ですね。




顔に白粉(おしろい)を塗って
いるシーンは少し不気味だったけど(笑)




今回は、真田丸のキャスト
や予想についてシェアできたらと思います。

それでは、いきましょう!



【名優・丹波哲郎さんの影響について】


ここ数年は、大河ドラマは視聴率的に見れば
低迷傾向だったのですが、

今年の大河は、王道の戦国時代の設定に加え
主人公は、戦国武将で必ずベスト10に入る人気武将・真田信繁(幸村)
ということもあって、ここまでは
視聴率的には
平均視聴率17.7%と
安定して見られています。

スポンサーリンク



そのワケは、
やはり、脚本が三谷幸喜さんで、とても
コミカルのところが、ありながらも

今までにない、視点から描く
戦国武将に興味深々。
例えば、徳川家康(内野聖陽)って
あんなに、心配症だったのかな?と




次に、キャスティングが素晴らしい。
特に、真田信繁の父・昌幸草刈正雄さんを起用したのが
大正解だったと思います。




若い人は、知らない方もおられると思いますが
草刈正雄さんは、過去のNHK新大型時代劇
『真田太平記』にて
真田信繁役を演じておられます。




この真田太平記は、原作が
鬼平犯科帳などで、知られている池波正太郎先生で
文庫本【新潮文庫】で全12巻もあります。




真田太平記の放送があったのが
昭和60年(1985)なので
約30年前なのですが
その時、真田昌幸を演じていたのが
丹波哲郎さんです。




丹波さんの演技は素晴らしく
草刈正雄さんも
『昌幸と言えば、丹波さんの演技が頭から離れず
なかなか自分が、どう演技すればよいか苦労しました』と
おっしゃっていました。




しかし、脚本を読むなかで
少しづつ、イメージが湧いてきたそうです。




ですが、演技のはしばしに
丹波さんのイメージが残っているのか
例えば、真田昌幸が策を思案中、
よく、右手で胡桃(くるみ)を転がしているシーンが
あるのですが、あれも
30年前に、丹波哲郎さんがやっておられたのを
取り入れたそうです。




なので、年配のかたからすれば
不思議と真田太平記のにおいが感じられますね。




それ以外のかたのキャストも、もちろん
役に嵌っていてこれから、
後半の真田丸にとても、期待しています。


スポンサーリンク



【真田丸のキャストについて】


真田丸真田幸村という主人公を軸にして
豊臣氏の絶頂期から滅亡までを支え続けたストーリーを描くことになると予想します。




大筋の歴史の事実に基づいてドラマは描かれていますから、
豊臣秀吉の亡くなった後の豊臣側と徳川側の戦に至るまでの経緯を
どのようにして描くのかこれからが楽しみになってきます。

 

真田幸村(信繁)堺雅人さんが演じています。
この方は天璋院篤姫でも夫役で出ていましたから、
演技力は間違いないですし、




他にも随所にいい俳優さんを揃えていて、
また武田勝頼平岳太さんが演じていていいキャストを揃えたなと感じました。


武田勝頼役を演じる平岳大さん





特に、武田勝頼が内部の裏切りによって
自刃に追い込まれなければならない所と
真田信繁武田勝頼を何とか救ってやりたい胸中と
自分の家を織田家から守り抜かねばならない使命を持っていて
なんともやりきれなさが感じられました。
 



 また草刈正雄さん演じる真田昌幸もいいですね。
大事なことを決められずくじ引きで決めてしまうシーンもあり、
三谷さんの脚本もすごくコミカルに描いている部分もありました。




草刈正雄さんのゆるーい口調と主人公の信繁の真面目さが
うまく対峙していて戦国時代という厳しい状況に置かれているのを
ついつい忘れてしまい、思わず引き込まれてしまいます。


【真田信繁が託した兄への思い】



また信繁の兄である大泉洋さん演じる真田信幸
これからどういう兄弟の関係図になっていくか、
気になるところでもあります。


 なぜなら信幸は徳川方に、信繁は豊臣方につくことになるからです。


また信繁は史実によると我慢強い一面を持ち合わせていたと
信幸の残された書簡に記録されていることから、
また真田家の血筋を絶やさずにどうやったら守れるか
あえて自分は危ない橋を渡り、



兄に生き残ってほしい、
との思いから徳川方につくことを勧めたのだと思います。



 これから真田丸はどうなっていくのか
石田三成演じる山本耕史さんもいい演技と声をしています。


またこの方もNHKの時代劇では綺麗な殺陣を披露していました。




きっと石田三成の最期も華々しく演じ切ると予想できますし、
まだまだいい俳優さんも出てくると思われます。




また松嶋菜々子さんやオダギリジョーさんなども
キャストとしても出てくるのではないかと思われますし、
まだ見ていないという方はオンデマンドでも見られますから、
是非にとすすめたいドラマでもあります。




NHKの大河ドラマは戦国時代の武将を
取り上げるとなかなかいい視聴率をたたき出しています。
 ぜひぜひご覧くださいね

ではでは。





この記事が楽しめたと感じたらポチッとしてくださいね。

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ