真田丸の物語の展開を毎週楽しみにしていますが
やはり、真田丸という題名どうり
もっともクライマックスのシーンと言えば、
大坂冬の陣・夏の陣であるわけですが



その大坂の陣の決戦が
始まる前に、大坂方は、各地の有力大名に
声をかけて、大坂に結集するように
呼びかけるわけですが、



すでに時代は
徳川家康【内野聖陽】が天下を治める時代に
移行しているので、各地の大名で
大坂方に付くものは、誰ひとりもいない状況の中、
続々と集まってきたのは、


浪人といわれる人々でした。



つまり、慶長5年(1600)に起こった
関ヶ原の戦いで敗者となった
大名や、その大名に仕えていた
家来衆たちでした。



いわゆる
関ヶ原の戦いで敗れた人々から
したら、敗者復活戦になるわけで



真田丸の主人公・真田信繁も
そのひとりなのですが
その浪人衆の中でも
特に有名な浪人を
大坂5人衆といいます。



信繁もその5人の中の一人でもあり
その他の4人
つまり、
『毛利勝永』、『長宗我部盛親』
『後藤又兵衛』、
そして、『明石全登(あかしてるずみ)』



この『明石全登』役を演じるのが
今回紹介する小林顕作さんになります。



それでは、小林顕作さんこと
オフロスキーについて
みていきましょう!




スポンサーリンク



【今までの大河とはひと味違う!?】


皆さんは現在NHKで放送中の
大河ドラマ「真田丸」をご覧になっているでしょうか。



三谷幸喜脚本で、これまでの大河とは一味違う、
ユーモアあふれるストーリー展開が話題です。



しかしただおもしろおかしくしているだけではなく、
その中で戦国で生き抜くため各武将たちの攻防、
その渦に巻き込まれながらもなんとかくらいついていく
真田一族の様子が描かれています。



主人公である真田信繁(のちに幸村)を堺雅人、
父・真田昌幸を草刈正雄、兄・真田信幸を大泉洋が演じています。


幸村の前に現れる様々な戦国大名たちも豪華です。


織田信長を吉田鋼太郎

豊臣秀吉を小日向文世

徳川家康を内野聖陽が演じています。



また女性陣も秀吉の側室・淀君を竹内結子、
正室・寧を鈴木今日香、幸村の側室・きりを長澤まさみが
演じるなど、魅力的なキャスト陣がそろっています。



物語は秀吉の跡取りとなるはずだった嫡男・捨の早すぎる死、
朝鮮出兵、のちに秀頼となる新たな男子の誕生と、
豊臣家の栄華から滅亡へのカウントダウンが始まろうとしている、
目の離せない展開となってきています。



【オフロスキーって誰?】


そんな中、新たなキャストとして
オフロスキー役で有名な小林顕作(こばやしけんさく)さんの
名前が発表されて注目を集めています。



といっても「オフロスキーって誰?」
と思われる方も中にはいらっしゃるでしょう。



オフロスキーはNHK教育TVで放送中の
幼児向け番組「みいつけた」の中に
登場する人気キャラクターなのです。

スポンサーリンク



いつもピンクの牛の着ぐるみをきていて、
子供たちと歌ったり踊ったり、
身の回りのもので様々なものを作ったりと、
多彩な芸を披露して楽しませてくれます。



見た目は怪しさ満点ですが、
見ているとなぜかはまってしまう、
愛すべきキャラクターなのです。



そんなオフロスキーを演じている小林顕作さんが
真田丸の中で演じるのは、
大老・宇喜多秀家の重臣であり
キリシタンでもあった武将・明石全登(あかしてるずみ)役です。



真田幸村は関ヶ原の戦いの敗戦の後、
切腹させられそうになりますが、



徳川方についていた兄・信之の助命嘆願に助けられ、
高野山・九度山へ幽閉されます。



そこで父・昌幸とともに厳しい生活を送るのですが、
大坂の陣を前に豊臣家から加勢するようにと使者が訪れます。



この使者が明石全登なのです。
豊臣家につくか、このまま徳川を恐れ幽閉生活を続けるか、
真田家の命運のかかった究極の選択の場に
居合わせる明石全登を、
小林顕作さんがどのように演じてくれるのか、
今からとても楽しみです。


【最期に!】

大坂5人衆のひとり後藤又兵衛については
こちらの記事から、どうぞ

真田丸のキャストでは、後藤又兵衛は誰が演じるのか?