4月に入って会社の年度替わりもあり
新入社員も入って、今年もやってきたか
という感じですが、
みなさんいかかですか?

新ドラマもたくさんある中で
わたくしが注目しているのは、
孤独のグルメ・シーズン6。

今作も、松重豊さん演じる
井之頭五郎が、どのようなストーリーで
どんなお店に訪れるのか?

とても楽しみすね。

今回ご紹介するのは、第2話の『伊勢屋食堂』さん。

それでは、いきましょう!

スポンサーリンク

【久しぶりにみた真中瞳!?】

ドラマでは、東京大久保駅近くの
喫茶店で、洋食器の展示販売の準備を
手伝うシーンから、始まります。

店主の竹内さくら役を演じて
いるのが、東風万智子【こちまちこ】さん。

『どこかでみたような気が……。』

ちょっと思い出せない方に
ヒントとして旧芸名を
お知らせいたします。

『真中瞳(まなかひとみ)』さんと
名乗っておられたと言えばどうですか?

『あ~あ』

そうなんです。
1999年の日本テレビ『進ぬ!電波少年』で一躍ブレイク。
翌年には、『ニュースステーション』の金曜日のスポーツキャスターを
担当。キャスターは、久米宏。

当時の彼女の年齢は、
20歳前後。

なんか久しぶりに見て
懐かしいなあと感じてしまいました。

話はかわりますが
ドラマで出てきた
『たきやま』さんって誰なんでしょうね?

現段階では、わからないので
詳しい方がおられたら、コメントくださいね。

【豚バラ生姜焼き定食】

さて、本編では
喫茶店のセッティングが終わったのが
朝の8時。

4時起きで活動をしていた
井之頭五郎【松重豊】は

もうお腹ペコペコ状態。

さっそくお店を探し回ります。

そこで、出てきたのが
新宿区の淀橋市場にある
『伊勢屋食堂』さん。

市場の中にあるというだけで
新鮮な食材を使ってるんだろうなあ~
と想像できますよね。

店構えからすると
ちょっと一般の人が
入るには、勇気がいるような
感じですが、孤独のグルメで
紹介されるお店は、

本当にどこにでもありそうな
大衆食堂が紹介されるのがウリ。

朝からひと働きしてきた
井之頭五郎が選択したのは
『豚バラ生姜焼き定食』。

やっぱりどんぶりものは
腹持ちがいいので、
欠かせませんよね(笑)

ドラマとは関係ないのですが
私はどんぶりと言えば
牛丼。

『あ!思わずよだれが…』

今回は、その定食意外に
副菜として

納豆ごはん

★納豆
★明太子
★たけのこの土佐煮
★トマト酢漬け

どれもごはんとの相性がよさそうな
ものばかりで、
朝から、本当に豪勢だなあと
思わず感心。

特に気になったのが
トマトの酢漬け。

いったいどんな味なんだろう?

こればっかりは
食べてみないとわからないですよね。

スポンサーリンク

あとはナレーションで
松重豊さんが言っておられて
ましたが、

豚バラの付け合わせのキャベツが
とてもおいしそうで
もう~我慢の限界。

何か口の中にいれないと
死んでしまいそうなぐらいです。

すいません、ちょっと
興奮しちゃいましたね。

さて、気を取り直して
その肝心の『伊勢屋食堂』の場所ですが
東京都新宿区北新宿4-2-1
淀橋市場内

ということで
Googleマップも貼り付けて置くので
参考にしてくださいね。

下向きの⇩

【やっぱり締めはチャーシューメン】

淀橋市場内ということもあり
メインターゲットは、もちろん
市場内で働く人々。

でも、一般人でも
そのメニューのバランスの良さに
一度は訪れたいですよね。

番組の最後では
いつも原作者の久住昌之【くすみまさゆき】
さんが実際にお店を訪問する

ふらっとQUSUMIというコーナーが
ありますが、
そこで紹介された
チャーシューメンが
また、本当においしそうで
ラーメン好きの方にとっても

一度は訪れてみたいですよね。

チャーシューメン

田中さん一家が
朝5時から営業されているので
ぜひ検討なさってくださいね。

自分は関西在住なので
また、機会を設けて
いってみたいと思います。

ではでは。

【最後に!】

関西圏の放送時間帯は
月曜日の深夜なので
お間違いなく。

記事はこちら
孤独のグルメ・シーズン6(大阪)の放送日や時間帯はいつ?