真田丸の放送を楽しみにしているのですが
やはり、一回見ただけでは、細かい表情やしぐさまでは
見逃しているので、土曜日の再放送は、
日曜日の本放送に備えるために
もう一度、見て、復習しています。




『おんなじ放送を何回も見て楽しいの?』

と思いますよね。




ですが、何回も見たくなるほど
ストーリーがうまく出来てるんですよね。




他局ですが、真田丸の梅役で、出演されていた
黒木華(くろきはる)さんの主演ドラマ
『重版出来!』(じゅうはんしゅったい)
も、とても面白く録画した番組を何回も見て
いました(笑)




もちろん、真田丸も
何回も観てしまいます。



今回はそんな
真田丸の魅力ある再放送について
シェアしていきたいと思います。

それでは、いきましょう!



スポンサーリンク


【今までの大河にはない群像劇】


真田幸村を描いた大河ドラマ、真田丸がますます注目を集めています。
真田幸村を取り上げたドラマや映画は今までもたくさんありましたが、
脂の乗ってきた役者、堺雅人を筆頭に、NHK大河ドラマ独特の配役で
話が進むほど面白くなってきています。




父親・真田安房守昌幸役の草刈正雄は以前、
真田幸村役を演じたことがあります。




昌幸像を作るには苦労があったようですが、
その甲斐あってか圧倒的な存在感です。




策略を張り巡らし、裏切り、裏切られるという非情なところがありつつも
なぜか憎めない昌幸を好演しています。




北条氏政役の高嶋政伸さんはまさにハマリ役。




狡猾で、隠居しても権力を離さない、
プライドの塊といった氏政を見事表現しています。




家康役の内野聖陽さんは本当に特徴的で、
今まで見たことの無い家康像が巷を賑わせます。



臆病なほど慎重で人間味があり、情けない姿も画面に晒す。
それでいて強大な力を持つ武将、徳川家康は真田丸の中でも
特に注目を集める重要人物です。




油断するとあっという間に滅ぼされてしまう
戦国の世をシリアスに描きつつ、
随所に散りばめられたユーモアは、
脚本家三谷幸喜の真骨頂です。

スポンサーリンク



【3度観ても飽きないストーリー】


何度も見返したくなる奥深いストーリーに応えるべく、
各回の放送回数も充実しています。




BSプレミアムで18時から先行放送した後、
本放送がNHK総合で20時からあります。




再放送は土曜日、総合で13時05分からです。
昼に前回放送分を再放送で復習しつつ夜の本放送に備える人が多数で、
正に絶妙のタイミングでの再放送と言えます。




何度も見て理解を深めたくて、3度観るという人もいます。
先行放送を観て全体像を掴み、その後本放送でより深く、
再放送ではさらに細部までチェックするという
一連のローテーションで毎週楽しむという具合です。




1週間に3度観ても飽きないストーリーの面白さ、
細部にこだわる演出、描かれる人物の魅力が溢れています。




天下統一に向かう秀吉は、表向きの明るさとは
裏腹の恐ろしさが絶妙に描かれています。



真田源次郎信繁との関わり方や影響の及ぼし方からも目が離せません。
信繁の細かな表情や仕草などにもそれぞれ意味が込められているようで、
それを確かめるためだけに再放送を利用する人もいます。



大河ドラマ史上最高との呼び声高い真田丸は、
本放送一回だけでは足りないという意見が多数です。
詳細を理解したいという人にも、単純に観ていて面白いという人にも
懐の深い放送の仕方でこたえてくれています。


今後も真田丸から当分目が離せそうにありません。




一度見れば
とりこになると思うので
ぜひぜひ見てコメントしてくださいね。

ではでは。





この記事が楽しめたと感じたらポチッとしてくださいね。

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ