草刈正雄さんは、現在還暦をすぎたお年なんですが
それでも、イケメンで、若い頃には
もっとすごいことになるといいますか
超美男子です。



なので、世間がほっておかないといいますか
当然、モデルもされておられますが
やはり売れるまでは、下積み生活を経験されています。



俳優さんの生きざまがやはり顔にでるといいますか
普段の生活や信念などが出るといいますか
例えにだすのも、おこがましいですが
高倉健さんのように、生きざまも
映像に出るなあと感じています。



あと、個人的にはモデル出身で
好きな俳優さんと言えば、阿部寛さんでしょうか。



もちろん、顔だけじゃなく演技力も大事ですが
やはり俳優さんにとって顔や表情は
大事な看板であるわけで
普段からだらしない生活を送らないように
気をつけなければと、気を引き締めながら
今回は、草刈正雄さんについて
シェアできたらと思います。


それでは、いきましょう!




スポンサーリンク



【真田と縁のある草刈正雄さん】


現在、放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』で
主人公の真田信繁【堺雅人】のちに幸村という戦国武将の
父親役の真田昌幸を好演しておられるのが


草刈正雄さん。



生きるか死ぬかの激しい戦国時代を
ちょっとユーモアあふれる演技で
チャーミングな昌幸を演じておられますよね。



そんなかっこいい昌幸を演じる草刈正雄さんが
昌幸を演じることになったきっかけは、
さかのぼること、約30年前に演じたある作品、



それは、NHK新大型時代劇として1985年に放送された
『真田太平記』
このときは、草刈正雄さんは幸村役で
好演されておられます。



この放送を当時ご覧になっていたであろう(予測ですが)
脚本家・三谷幸喜さんが今回の真田丸を企画するにあたり
真田昌幸役は、草刈正雄しかいないということで
企画当初から、すでに決まっていたとか。
《個人的な予測なので間違ってたらごめんなさい》



そして、実際にオファーを受けた草刈正雄さんは
やはり、真田とは、縁があるなあと感じたのか
すぐに快諾されたと以前ある番組でおっしゃってました。



そんな、草刈さん演じる昌幸役のお手本になったのが
30年前の真田太平記にて
昌幸役を熱演されていた丹波哲郎さん。



わたくしも『真田太平記』のDVDを持っているのですが
丹波さんの演じる昌幸役は、どっしりとしていて
重厚感あふれる演技で、草刈正雄さんの演技にも
大いに影響を与えておられます。



当時、丹波哲郎さんは、この作品にかける熱意は
半端なく兄・信幸役を演じていた渡瀬恒彦さんと
信繁役の草刈正雄さんに、大小2本の刀をプレゼントされたとか。



この熱意が伝わったのか作品は、本当に素晴らしく
今でも、人々の記憶に残る作品に。



そして、草刈正雄さんは当時丹波さんが昌幸役を
演じていた年齢と同じ年齢の時に
この仕事をもらえた不思議な縁に驚きと感謝を述べつつ
当時、丹波さんから送られたプレゼントと
同じように、真田丸で信幸を演じる大泉洋さんと
信繁役の堺雅人さんに刀をプレゼントされたそうです。


これで、『真田丸』も記憶に残る作品になること間違いなし!!!



大河ドラマの歴史を感じさせるエピソードに
大いに感動しながら、これからも草刈正雄さんの出番を楽しみしながら
拝聴したいと思います。



あとこれは、少し余話になるのですが
丹波さん演じる昌幸に仕えた草の者(いわゆる忍者)の頭領を
演じていたのが、すでにお亡くなりになりましたが
夏八木勲(なつやぎいさお)さん。
かっこいいんです、これが。



丹波さん演じる昌幸が
『又五(またご)が死んだか!そうか』と涙するシーンは
なんとも言えません。

そのシーンがこちら【約10分】
又五郎 逝く……


【再ブレイクの草刈正雄さん】


2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で一族を守るために狡猾な立ち回りを行い、
敵味方、さらには主人公たち親族すべての者を振り回す役どころである真田昌幸ですが、
演じるのはこの役をきっかけに他のバラエティ番組やCM、



各種イベントに引っ張りだこ、再ブレイク真っ只中の草刈正雄さんです。



現在63歳と還暦を過ぎて久しい年齢なのですが、
全くそのような事を感じさせない背筋のきれいなシルエット、
ダンディな雰囲気は黙っていてもドラマ内での存在感が大きく、



また他の番組でみせるお茶目な性格によるギャップで若いファンも増え始めており、
これには本人も予想以上の反響と驚いているのだとか。



ただし「真田丸」で初めて草刈正雄さんを知ることになった方や若いファンにはあまり知られていないことかと思われますが、
実は草刈正雄さんは元々舞台や映画、ドラマで活躍していたベテラン俳優であり、
現在も大変に端正な方であるのですが、若い頃は今の人気俳優さんでも対抗できる人が見つからない位のトンでもないイケメンだったのです。

スポンサーリンク



【ハーフ俳優の先駆け!?】


元々のデビューは俳優ではなくモデル出身で、
10代の頃にスカウトされたというところからも稀有な存在ということが分かりますが、
その後間もなく当時の男性化粧品のCMに出演することになり、日本人離れした端正なマスクと長身からブレイクするのです。



少しネットで検索すると分かりますが、本当に端正で外国人モデルのような佇まいを確認することができ、
これは草刈正雄さんの父親というのはアメリカ人であり、日本人の母親との間にできたハーフであることが理由です。



残念ながら父親は小さい時に亡くなられてしまい、その後は様々な仕事をして家計を助けるのですが、
スカウトされた後はモデル、そして俳優として活躍していくことになるのです。



草刈正雄さんの若い頃の凄まじいイケメンぶりというのは、かつて有名プロマイド店での売り上げが1位になることでも分かりますが、そういった写真や画像だけでなく映像でも全く崩れない端正ぶりを確認することができるのです。



今現在でもこれまでに出演した作品の多くがDVD等でアーカイブ化されていますが、
特にその魅力がわかる作品と言えばかつてのNHKの連続時代劇ドラマ「真田太平記」です。



この作品で草刈正雄さんは何と真田幸村(信繁)役で、「真田丸」の昌幸とは違うまっすぐで純粋な青年を熱演しており、
歴史ドラマ史上類まれなハンサム武将であることを知ることができます。



実在した人物を演じる大河ドラマである限り、今後劇中で必ず死ぬ瞬間を演じる時がやってくるわけですが、
真田昌幸がどのような最期になるのか、超絶イケメン俳優の草刈正雄さんから目が離せません

【最期に!】


草刈正雄さん演じる戦国一の謀将・真田昌幸は
名将・武田信玄に若くして仕えて、武藤喜兵衛と名乗っていた時期が
あったのをご存じですか!

くわしくはこちら
真田丸のキャストで『武藤きへい』とは、誰の事か?